カテゴリー「○「行ってきました!」報告」の記事

2018/08/06

8月4日、5日の日産スタジアムはいろんな意味で暑かった!!

● 2018/08/04 (土)、05(日)
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
日産スタジアム 18:00開演

Main_2

B'zのベスト選曲で行われる<Pleasureツアー>が5年ぶりに開催。
しかも今年はB'z結成30周年ということで、チケット申し込んだら
まさかの2日当選!!
ということで、8月の猛暑の中、行って来ましたー。
(運を使い果たしたの気がする…)

まだライブ期間中なんで、ネタバレはあれですけども。
いやぁ、B'zのライブはすごいぞぉ!盛り上がりと一体感が半端ない。
30周年ってことは、ファンの年齢層上がってるし、年齢的に
途中休憩とか必要じゃない。でも選曲が神過ぎて、全然イスに
座る隙を与えてくれないのよ!ずっと立ちっぱなしだし、
ずっとノリノリ♪すんごい疲れたけど、めちゃくちゃ楽しかった!!

ツイッターで、20代女子が稲葉さんについて
「あんなにかっこ良くて、あんなに可愛い50代はいない」と
絶賛してたのにすごく共感しました。稲葉さんすごいわー。
そして松本さんのギターが夜空に響いて、気持ち良かったなぁー。
間違いなく最高のPleasureでした!せーの、お疲れー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018/07/16

始まるんじゃない 始めるんだぜ

● 2018/07/15 (日)
関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST
札幌ドーム 17:00開演

はじめはやっぱりすばるくんがいない現実に涙してましたが、
6人の全力で前向きな姿を見られてホッとしました。
本当にかっこ良かった(ノ_≦。)
ズッコケ男道で前に出てきた横山くん(一瞬すばるくんに見えた)も、
いつもと変わらないように努めていた村上くんも、みんなを心配
させないように気をつけていた章ちゃんも、エイターに寄り添う
丸ちゃんも、関ジャニ∞を背負おうとしている亮ちゃんも、
LIFEの最後「エイター」と叫んだ大倉くんも、みんなみんな
頼もしくてかっこよかった。
泣いていたエイターも最後にはちゃんと笑顔にさせてくれる
6人の関ジャニ∞。何も変わっていない彼らの想いに触れて、
変わらずついて行きたいと思えました。北海道に来てよかった。
リスタートを一緒にできて本当に幸せでした。ありがとう。

~旅の思い出~

201807151

麺屋「開高」(千歳空港)

201807152

初・札幌ドーム

201807155

二条市場「大磯」 タラバ・イクラ・サーモン丼

201807156

松尾ジンギスカン 初めてジンギスカン食べました♪

201807157

上で焼いて、下で煮るらしいです。

連日の暑さで羽田空港の滑走路に穴が開いているのが見つかったらしく、
1時間程遅れで、東京に到着。疲れたけど、充実した2日間でした。

続きを読む "始まるんじゃない 始めるんだぜ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018/05/24

芸能界は嘘ばっかりだからね。

● 2018/05/23 (水)
JIN AKANISHI “JINDEPENDENCE” TOUR 2018
ライブビューイング 19:00上映開始

幕張とかZepp Tokyoとか行けないけど、
映画館で見たい!!ということで
ライブビューイングしてきました。
あたしのとこは結構、お客さん入ってましたけど、
立ち上がることもなく、ゆったり見てたな。

てか、映像取っているカメラさんのアングルが
神でした。口元とか、手とか、ファンの心理を
よく分かってらっしゃる目線で、ニヤニヤしっぱなし。
もっとフェロモン出してくれてもいいのにー。

続きを読む "芸能界は嘘ばっかりだからね。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018/05/01

よし、北海道に行こう!

● 2018/04/29 (日)
ライオンキング
四季劇場[夏] 13:00開演

201804292

20180429

本当は丸ちゃんの舞台を見たかったのですが、舞台運のない私たち。スパッとあきらめ、ライオンキングを鑑賞することに。相方さんチケットやホテルの手配、いつもありがとう。

「一生に一度はライオンキング」とチラシに書いてありましたが、激しく同意。これは一生に一度は見るべきミュージカル作品です。役者も、音楽も、衣装も、舞台装置も、どれをとっても素晴らしい。いやあ、いいもの見ました。一生に一度と言わず、また見に来たいなぁ。隣にキャッツの劇場も作っている最中だったので、そちらもいつか見に来たいなぁ。

例の関ジャニさんについて相方さんと語り合って、その後ホテルでワイン飲みながら「ジャム」のDVDを泣きながら見て、自担のカッコよさに発狂して、超スッキリしたよーーーーー!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018/04/14

これは体験しなければ絶対にわからない。

● 2018/04/14 (土)
フエルサブルータWA!! 
品川プリンスホテル ステラボール

これは音楽ライブでは無い。演劇でもミュージカルでも無い。
障害物をぶち壊し飛び回るSAMURAI。頭上の巨大透明プールを
悠々と泳ぐダンサー。細胞レベルでアガる音と光。予定調和を
ぶち壊す、超近距離体感型リアルウンタル!熱狂の70分!!

20180414_171118

20180414_173117

20180414_174458

去年から気になっていて、ロングランするほど面白いなら
やっぱり行こう!ということで行って来ましたー。

疲れた日常から解き放たれ、非日常の世界へ。
みたことのない装置、みたことのない風景。異空間とは
こういうことか。いろいろ考えないで、とりあえず楽しめ!
というシンプルさが良かったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018/03/19

心にググっと 群馬県。

● 2018/03/17 (土) 19:00開演
カジャラ#3「働けど働けど」
伊勢崎市境総合文化センター 大ホール

カジャラの方はハプニングさえも計算されている安定した通常運転。最近は、観劇ついでに観光するのが定番です。いろんな土地に連れてきてくれてありがとう。

群馬・桐生の名物「ひもかわうどん」
201803171
想像以上に幅があって、ずずずと、すすえない!しかも、コシがあってモチモチ!!「なにこれ美味しい♪」と食べ始めましたが、これがなかなかの食べ応えで、全然減らないうどん(笑) それでもこれは食べるべき。

<麺処酒処ふる川>
群馬県桐生市相生町2-735-15

「焼きまんじゅう」
201803181
初めて見ました。串に刺さっていてボリューム感がすごい(笑) 最初、そんなにまんじゅう食えないよと敬遠していたのですが、食べてみるとあんこも何も中身がなくて、例えるなら肉まんの皮をもっと軽くしたような感じ。こんがり焼いてあり、甘辛いみそだれをつけてあるシンプルなまんじゅう。ペロリと完食でした。いやあ、何事も見た目で判断してはいけませんな。

「おっきりこみ」
201803182
群馬県は小麦が良く取れる気候で、粉もの文化が発展しているとのことで、最後もやっぱりうどん。「おっきりこみ」「ほうとう」の違いは各自でググってください(笑) "田舎のおばあちゃん家で出てくるうどん"って感じで、色味はないんだけど、ボリュームあって美味しかったなぁ。おなかいっぱい満足です。

<上州 田舎屋>
群馬県伊勢崎市曲沢町171-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018/03/03

親族代表。

● 2018/03/03 (土) 13:00開演
カジャラ#3「働けど働けど」KAAT神奈川芸術劇場

Bn_kjll_03

作・演出 小林賢太郎
出演   野間口徹
      竹井亮介
      小林健一
      辻本耕志
      小林賢太郎

野間口さんドラマで大活躍です。

今回のカジャラは、わかりやすいお笑いだったなぁと。
オレンジくんがあんなカツラかぶったり、
賢太郎さんと竹井さんがあんな格好をしたり、
小林賢太郎には珍しい、見た目重視の笑いだったような
気がします。悪くはないけど、ちょっと物足りなさを
感じたのも事実。小林賢太郎っぽいさが無くなると
それはそれはで寂しいということか…。

帰りはいつもの「心龍」の白麻婆コースです。

20180303

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018/02/19

俺たちが未来を守るんだ。

● 2018/02/17 (土) 18:00開演
「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」
東海市芸術劇場(愛知県)

Paramushir

原案・演出:森崎博之
脚本:林 民夫
出演:TEAM NACS
森崎博之 安田顕 戸次重幸 大泉洋 音尾琢真

1945年8月15日。
この日、日本は無条件降伏を受け入れた。

しかしその後。
突如としてソ連軍の大部隊が、
武装解除した孤島に攻め入ってきた!

気持ちをもう一度奮い立たせ、再び銃を持つ兵士たち。
彼らが立ち上がらなければ、北海道は二分されていたかも知れない。

日本最後の戦いの司令部があった「幌筵島」。
私たちはまだ、その島の名前さえ知らない。

**********************************************

TEAM NACSの3年振りの公演を見に、愛知に来ましたー。まったく予備知識を入れないで行ったもんで、予想をはるかに超えたいいお芝居でした。
絶対泣く(´;ω;`)ウゥゥ
森崎さんがネタバレ禁止だというのであれですが、これはみんなに見てもらいたい作品ですね。

涙涙で終わった舞台ですが、あいさつでは安室奈美恵ファイナルツアーと被ったということで、それぞれメンバーが安室ちゃんの好きな曲を披露してほっこり終了。みんな選曲が古かった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018/02/12

天魔王様がヤバイ。

● 2018/02/11 (日) 
劇団☆新感線「髑髏上の七人 Season月 上弦の月」
IHIステージアラウンド東京(豊洲)

Photo_tsuki_info01_02

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり

キャスト:
捨之介(すてのすけ)/福士蒼汰
天魔王(てんまおう)/早乙女太一
無界屋蘭兵衛(むかいやらんべえ)/三浦翔平
極楽太夫(ごくらくたゆう)/高田聖子
兵庫(ひょうご)/須賀健太
霧丸(きりまる)/平間壮一
狸穴二郎衛門(まみあなじろうえもん)/渡辺いっけい
ほか

**********************************************

須賀健太さん見たさにSeason月も鑑賞♪こーなったらSeason鳥も見たかったなぁと後悔しましたけども仕方ない…。

さてさて、福士蒼汰さんも三浦翔平さんも堂々としていてなかなかよかったのですが、この舞台、早乙女太一さんに全部もってかれたな。いやあ、あの人すごいわ。
妖艶で、佇まいが美しい。扇子の使い方がたまらない。
そして殺陣の早さがとんでもない。
ものすごくカッコよ良かったっす。

蘭兵衛と霧丸が戦っている横で、お付きの女を椅子にして見物しているとか、自ら手を下さないとか最強なんです、今回の天魔王様。家で見てたらジタバタするくらい好き過ぎる!これは細部までゆっくり堪能したいので映像楽しみにしています!

須賀健太さんの兵庫は可愛すぎたなぁ。ラストの「俺 足は早いから、すぐ追いついて、追い越して、正面で受け止めるから」って手を広げる仕草がくそ可愛い。で、急に真剣になる声がやばいの。あそこきゅんきゅんしたぞ、このやろぉー。

てな具合で大満足のSeason月 上弦の月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/12/02

僕の目にはそう映るんだ。

Ryujin_solo2

● 2016/12/01 (金)
KIYOSHI RYUJIN SOLO TOUR
めぐろパーシモンホール 大ホール 19:00開演

4年ぶりソロ公演に行ってきました。

・ステージはグランドピアノと、大きな薔薇の花束オブジェのみ。
・黒のスーツ、おかっぱ頭、髭の清竜人くん登場。
・ザ・ピアノの発表会。
・髪を耳にかける仕草が素敵。
・でも遠くから見えるその姿は"ぴんから兄弟"←ごめんなさい
・ピアノの音だけって新鮮。
・曲と曲の間が、途切れずポロンポロン飛ぶ音。
・高度なイントロドン。
・世界観がすごい。本当にすごい。
・ピアノと竜人くんの繊細な声が心地よくて舟をこぐ人がちらちら。
・なんて贅沢な子守歌だろう。幸せな空間だ。
・「ぼくが死んでしまっても」は見入ってしまった。
・泣けてきた。
・ドビュッシーを弾いて演奏終了。
・アンコールなし。
・約90分の短いステージだけど、強烈な余韻が残った。
・MCなし、拍手なし。
・すごいステージ見たんだけど、きっと人にうまく伝えられない。
・「風もバラも雪もぼくも」がラストに相応しい曲だったと帰宅して気づいた。
・そうか、あれ以外にないよな、と。
・奥が深い清竜人。
・2017年は"清竜人25"の解散、"town"の結成&解散、つかの間のTwitter、
 ソロツアーと盛りだくさんの1年でした。
変態天才が描く世界を一緒に体感できて楽しかったです!ありがとう。

続きを読む "僕の目にはそう映るんだ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧