カテゴリー「■片桐仁」の記事

歓喜の歌

● 2018/12/22 (土)
No.9 -不滅の旋律-
KAAT神奈川芸術劇場 18:00開演

「今年は片桐さんを見たい!」ということで
舞台『No.9 -不滅の旋律-』を観てきました。
実は、ゴロちゃんと剛力さんが主演ということをあとで
知りまして…(;'∀') 何せ片桐さん目当てだったもので。

演出が白井さんらしい、丁寧でお手本のような舞台。
ゴロちゃんのベートーヴェンはインパクトあって、
素晴らしかったです。第九番をみんなで歌うラストに
圧巻され、とっても優雅な年の瀬になりました!

1

キャスト 

稲垣吾郎
剛力彩芽
片桐 仁
村川絵梨
鈴木拡樹

岡田義徳
深水元基
橋本 淳
広澤 草
小川ゲン
野坂 弘
山崎雄大

奥貫 薫
羽場裕一 
長谷川初範

演出 白井 晃
脚本 中島かずき(劇団☆新感線)
音楽監督 三宅 純

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来人の予言。

3

「#MyFirstFIAT」に出演中。
太郎くんの成長に驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくらはつながってるんだな

「ぼくらが思うより みんな つながってるんだ」と思った週末。

● 2018/11/22 (木)
太陽の塔 川崎アートセンター

320

岡本太郎は何のためにこの巨象を創ったのかその謎と魅力に迫るドキュメンタリー映画。当時の話を聞くとパワーを感じます。芸術的、哲学的、宗教的、最後は3.11の話まで。いろいろな角度から見る太陽の塔。いやあ、なんか濃い112分でした。アーティストは今だけでなく、ずっと未来までも想像して作品を作っているんだなぁ。だから後世まで残っていくものなんだなぁと改めて思いました。

● 2018/11/23 (金)
静岡 とろろ汁の丁子屋

静岡市の丸子(まりこ)の「とろろ汁」で有名なお店「丁字屋(ちょうじや)」に行きました。

201811231

入口に岡本太郎さんの写真があり、岡本さんもここで食事をしたんですって。

● 2018/11/23 (金)
松任谷由実 
Time machine tour Traveling through 45years
エコパアリーナ (静岡県) 18:30開演

ユーミンも先のことを想像しながら、物事を考える人。ユーミンもアーティスト。アッと驚くような、懐かしいような、新しいような、いつでもワクワクさせてくれるステージは芸術そのもの。

夜、ホテルで、大阪万博決定でひと盛り上がり。あーこれで、太陽の塔がまた騒がれるのか。

● 2018/11/24 (土)
片桐仁 不条理アート粘土作品展「ギリ展」
イオンモール甲府昭和(山梨県)

2018

朝からお腹痛い。さて、今日はギリ展のため山梨へ。

入場料500円なのにボリュームのある展覧会。クスっと笑える一言をゆっくり見ていたら、最後の方は時間がなくなっちゃってもったいなかったなぁ。あと、あれ触れるコーナーとかあったらいいのに。質感とか想像ができない。固いの?柔らかいの?触れてみたかったなぁ。

あと、賢太郎さんについて買いてあったコメントに「賢太郎って誰?」っていう声が。そうか、知らない人もいるんだな。そーかそーか。

201811243

201811244

そして、こちらも岡本太郎つながり。息子の太郎君の成長もすんばらしい。

岡本太郎にはじまり 岡本太郎につながった、旅の終わり。

続きを読む "ぼくらはつながってるんだな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千秋楽までコントに尽くします。

● 2016/08/27 (土)
カジャラ#1『大人たるもの』
神奈川芸術劇場 19:00 開演

バランスが非常に良く、安心して見られるコント集団カジャラ。

安井順平
➡どこかでみたことあるなぁーと思っていましたが
たぶんエンタだったかな。顔が印象的ですよね。
彼がなかなかの曲者。冷静に突っ込みもできるし、
とぼけたキャラもできるオールマイティ型。
何でもそつなくこなす人なんだろう。
合コンでのオタクキャラが最高でした。

辻本耕志/オレンジくん
➡常連過ぎて、あなたがいないと不安に感じるほど。
どこにでもいそうだけどどこにもいないアイドル的存在。
舞台をちょこちょこしてるだけでも目にとまる。

竹井亮介
➡こちらも常連。初期のアウェイ感を微塵も感じられない
ほどどっしりとした構え。
動きが大きく、無駄な動きがなくなった。
もう、オレンジくんとキングオブコントとか目指せばいいと思う。

片桐仁
➡とりあえずおかえりなさい。髪型もそうですが、顔つきが
変わっておられて脱皮でもしたかのような成長ぶり。
かと思えば、医者シリーズの片桐さんはそのままであれが
一番好きでした。
「健康はどんなかんじですか?」「えーっと、にんべんに…」
大爆笑でした。

小林賢太郎
➡カジャラ生みの親。今回も楽しそうで何より。
合コンコントとか全然小林さんが出ない会もあり、
新しい試みでしょうか。影できっとニヤニヤしているんでしょうね。

私の見立てでは、久しぶりのラーメンズはちょっと
こっばずかしいし、2人だけは微妙だから、カジャラで様子みて、
次はラーメンズ公演に向かうのではなかろうか。
もう、あなたたち2人が並んでいるだけで
客は喜んでいるのはわかってるでしょ。
みたいんですよ。こっちは。
出し惜しみしていると、どんどんハードル上がるんだからね!
いや、それも狙いか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ、王様だ。

1380080_p

小林賢太郎テレビ8 ~ wonderland ~

NHK BSプレミアム 2016年6月26日(日)22:00~22:59
<出演者>
大泉洋 / 小林賢太郎 / 片桐仁 / 竹井亮介 / 辻本耕志 / 久ヶ沢徹 ほか

もうこんな季節かぁと風物詩みたいになっている小林賢太郎テレビですが、8は小林賢太郎、大泉洋、片桐仁が揃うという大事件。今回は~wonderland~ということで、不思議の国のアリス風。今までとはちょっと違う構成となり、楽しかったです☆

続きを読む "あ、王様だ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Golden Balls を思い出しますね。

Bn_01

L1911140001001

小林賢太郎新作コント公演
KAJALLA♯1『大人たるもの』

作・演出;小林賢太郎
出演  ;片桐仁/竹井亮介/安井順平/辻本耕志/小林賢太郎

東京 2016/7/27~31 東京グローブ座
大阪 2016/8/3 ~14 サンケイホールブリーゼ
横浜 2016/8/17~28 神奈川芸術劇場
豊橋 2016/9/9 ~11 穂の国とよはし芸術劇場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現実なのか、非現実なのか。

2013年から片桐さんの話題を出してなかったのは
決して、興味がないとかそういうことではありません!

● 2015年02月04日発売
おしり2 ラーメンズ片桐仁のおしえて何故ならしりたがりだから

● 2016年04月27日発売
親子でねんど道
 太郎くんと春太くんが可愛い♪

● エレ片コントライブ 「コントの人10」
【東京公演】2月19日(金)~28日(日)@青山草月ホール
【大阪公演】3月5日(土)@サンケイホールブリーゼ
【福岡公演】3月12日(土)@スカラエスパシオ
【岡山公演】3月13日(日)@イオンモール岡山 おかやま未来ホール
【札幌公演】3月19日(土)@かでる2・7 かでるホール
【仙台公演】3月21日(月祝)@仙台福祉プラザふれあいホール
【名古屋公演】3月27日(日)@吹上ホール

● エレ片コントライブ コントの人

● 2015年06月03日 片桐仁・乙幡啓子の工作番組
「また、つまらぬ物を作ってしまった」DVD-BOX

● テレビドラマ
各テレビ局ひっぱりだこですな。

私の嫌いな探偵 2014年01月~03月(テレビ朝日)
鉄神ガンライザーNEO 2014年07月~10月(テレビ岩手)
玉川区役所 OF THE DEAD 2014年10月~12月(テレビ東京)
かもしれない女優たち 2015年06月23日(フジテレビ、パカリズム脚本)
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ 2016年01月~03月(日本テレビ)
東京センチメンタル 2016年01月~04月(テレビ東京)
99.9 -刑事専門弁護士 2016年04月~06月(TBS)
グ・ラ・メ!~総理の料理番~ 2016年07月~09月(テレビ朝日)

● 映画

小野寺の弟・小野寺の姉(2014年10月25日公開、西田征史監督)
アイアムアヒーロー (2016年04月23日公開)
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2016年06月25日公開)

● 舞台

ライクドロシー(2013年11月8日~12月7日)バイス 役
海峡の光(2014年04月11日~04月29日)斎藤 役
鎌塚氏、振り下ろす(2014年07月04日~08月09日)堂田テルミツ 役
第16回東京03単独公演「あるがままの君でいないで」(2014年09月20日)
ベター・ハーフ(2015年04月03日~05月05日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君と過ごす夏の日。

● 2013年7月~ アニメ「にゅるにゅる!!KAKUSENくん」
前代未聞!!主人公はな、なんと角栓!?
角栓たちが繰り広げる美肌豆知識入りユル~イ日常会話劇!

124

http://kakusen-kun.com/index.html

「角栓王に俺はなる!」←おい!(あははははははは)
カクセンパイ役で熱演中。片桐さんがいるので、
福山じゅんじゅんが大人しく感じる(笑) 
子役の伊藤悠翔くんとの絡みがホントにかわいい!
でも、角栓っていうのが少しキモチ悪い・・・よね(゚ー゚;

---------------------------------------------------------------

● 2013年6月~ アニメ「ドンマイしげるさん」
おじさんの人生は情けないけどカッコイイ!
「あやまり侍」の異名を持つ、営業31年のサラリーマン、
イセノハマしげるの人生劇場。
<声の出演>片桐仁

125

http://www3.nhk.or.jp/d-station/program/shigerusan/

「もぉーしわけありません!!」と謝るおじさんの姿が印象的。
キャラクター全ての声を片桐さんがやるという、片桐祭りなこのアニメ。
女性の声も一応、頑張ってますよ(笑)

---------------------------------------------------------------

● 片桐仁 感涙の大秘宝展 ~粘土と締切と14年~
「毎月何かに粘土盛ったらいいんじゃない?」ラーメンズの相方、
小林賢太郎のひと言がきっかけではじまった雑誌連載、粘土道。
あれから14年。片桐仁が日々迫りくる締切と戦い、たま~に
負けながら月イチのペースで世に送り出しつづけた問題作を
新旧含めほぼすべて、パルコミュージアムで一同に展示します。

パルコミュージアム
2013/04/05 (金) -2013/04/22 (月)

123

せめてレミング期間はやっててくれたらよかったのに・・・
結局、観られませんでした。残念!!
オープニングレセプションには賢太郎さんも来たそうで、
受付で何かを受け付けているお二人の写真が"staff notes"
に載っていました。久々のツーショットに感激!

---------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉に殺意を抱いたことが、これまでに三度ある。

2013/07/27 小野寺の弟・小野寺の姉 銀河劇場

実は単行本購入済みだったのですが、それが舞台化だと知らなくて慌ててチケットゲットした訳で。席が遠いとか文句言いません(・・・) 舞台は小説「小野寺の弟・小野寺の姉」のアナザーストーリーということで、小説未読でも全然OKでした。
と、言うかこの舞台、向井理祭りでしょ。黒縁メガネ姿、寝癖姿、雨に濡れた姿、ガシガシ髪を拭く姿、女性は母性本能くすぐられまくり(*´v゚*)ゞ 向井さんファンにはたまらない舞台だろうなぁと思って観てました。"西田さんの舞台&片桐さん観たさ"で来たわたしも「向井さんいいなぁ」と思いましたし(笑) 
全体的にはハートフルなストーリーで楽しかったのですが、イメージしていた小野寺の姉と若干違ってたなぁと思いました。あんなにいつもプリプリしてたっけ?もう少し、愛情ある接し方だったような気がしていたのですが・・・。まぁ片桐はいりさんらしくはありましたけど。
片桐はいり、向井理、木南晴夏、野村周平、森谷ふみ、平田敦子、片桐仁、山内圭哉、ユースケ・サンタマリア、個人的に大好きな俳優さんばかり。これからのメンバーを揃えられる西田さんの人脈がすごいと思います。

そーいえば、飾られてるお花の中にこんな方発見。

Dvc00405

Dvc00336

丸ちゃんすごい律儀だね(*^ω^*)ノ彡


● 小野寺の弟・小野寺の姉
【東京】天王洲・銀河劇場 2013/7/12~8/11
【大阪】梅田芸術劇場 シアタードラマシティ 2013/8/22~8/28
作、演出:西田征史
出演:片桐はいり 向井理 木南晴夏 野村周平 森谷ふみ 平田敦子 片桐仁 山内圭哉 ユースケ・サンタマリア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁のなくなった部屋には、次々に奇妙な訪問者が訪れる。

2013/04/27 レミング ~世界の涯までつれてって~ パルコ劇場

918

ある人のレビューに「1mmもわからなかった」というのがあって同感でした。もうね、説明のしようがない。ストーリーも正直わからない。哲学的な話なのか、ただの精神異常か。いやあ、こんなにわからない舞台は初めてだ(笑)(でも寺山修司作の中ではわかりやすい作品なんだとか言う人もいて・・・いやいや、全然わからないって) 「どうだった?」と聞かれても「何かわかんないけど、すごかったよ」としか返せない。あれは体感する舞台だと思います。考えるんじゃなく、リズム、言葉、ダンスそれを素直に感じればいいんだと。人それぞれの感性に委ねられる作品だと自分なりに解釈しました。
八嶋智人さん、片桐仁さん、常盤貴子さん、松重豊さん、みなさん演じるのに苦労したと思います。台詞も難しいし。個人的には松重豊さんのインパクトある役が印象的でした。

それから、劇場に飾られているお花の中に「関ジャニ∞→八嶋さん」「丸山隆平→片桐さん」ってのを見つけました!何だか嬉しい(笑)

● レミング~世界の涯まで連れてって
【東京】PARCO劇場 2013/4/21~5/16
【愛知】中日劇場 2013/5/25
【大阪】シアターBRAVA! 2013/6/1~6/2
作:寺山修司
出演:八嶋智人 片桐仁 常盤貴子 松重豊 他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧