« 歓喜の歌 | トップページ | ことよろ♪ »

平成最後の年末。

■2018年
今年は頑張った年!散らかってたものを少し整理できたな。
あとは、これから整えていかなくちゃ。

2018年の目標と結果
☑携帯を変える
☑面倒でも将来に向けて始める
☑資格取得
☑メガネ購入
□掃除機購入
□炊飯器購入

もう、TODOリストになってるなぁ…(゚ー゚;
でも全体的に80点の出来栄えでしたよ。もろもろ頑張りました!
いろんな人たちに助けられ、感謝です。ありがとー。

■コンサート、舞台、ライブ鑑賞

02/11(日) 劇団☆新感線「髑髏上の七人 Season月 上弦の月」
02/17(土) TEAM NACS「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」
03/03(土) カジャラ#3「働けど働けど」
03/17(土) カジャラ#3「働けど働けど」
04/14(土) フエルサブルータWA!! 
04/29(日) ライオンキング
05/23(水) JIN AKANISHI “JINDEPENDENCE” TOUR 2018ライブビューイング
07/15(日) 関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST
08/04(土) B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
08/05(日)B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
09/08(土) 関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST 
09/09(日) 関ジャニ'sエイターテインメント GR8EST 
09/28(金) 稲川淳二『MYSTERY NIGHT TOUR 2018』
11/23(金) 松任谷由実『Time machine tour Traveling through 45years』
12/22(土) 木下グループpresents「No.9 -不滅の旋律-」

■エイト

今年の収穫はこちら。
20181231

4月15日のあの会見は事件だった。今年は苦しくなるくらい
泣いたから来年はおもいっきり笑いたい。
関ジャニ∞もすばるくんも大好きです。

■映画
今年は62本の映画を鑑賞。全然見られなかったなぁ。
まだ2017年の映画のまとめも終わってないし…。
平成が終わるまでには何とかしたい!
で、印象に残っている5本をご紹介。

①湯を沸かすほどの熱い愛
201844
がんで余命2か月を宣告された“おかあちゃん“が、残された時間でやっておくことを実行していくストーリー。想像を超える驚きの展開や、急転直下の衝撃のラストとか、突っ込みどころは多々あるけど、タイトル通り熱い愛がたっぷり描かれ、ここ最近で一番泣いた邦画です。宮沢りえさん、杉咲花さん、篠原ゆき子さんなど女性陣の演技がとても良く、何度も泣かされました。それに比べ、男たちのダメさ加減がひどい…笑。余命宣告されたら自分は何をするのか、残される人たちに何ができるのか、ちょっと考えさせられた映画でした。★★★★

②ムーンライト
201845

スラム街で暮らす少年の成長を、少年期、青年期、大人になるまでと、3つの時代で描いた人間ドラマ。第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門を受賞した。一言で言うとひどく余韻が残る映画です。★★★☆(3.8点)

③ラ・ラ・ランド
201846

ロサンゼルスを舞台に夢を追う男女の恋を描くミュージカル映画。第87回アカデミー賞で3部門受賞。ミュージカル映画なので、音楽がいいのは当たり前ですが、他にポップで鮮やかな色づかいや、目まぐるしく変わる場面転換が面白く、どんどん映画に引き込まれていきました。女優志望のミアと、ピアニストのセバスチャンのカップルの行方を本気で応援してしまうほどのめりこんでいたので、ラストの光景に泣けてきましたが、見終わった後はなんだか不思議なほどすっきりしていました。これは月日が経ったらもう1度見たいな。★★★★

④この世界の片隅に
201847

第二次大戦下の広島の呉を舞台に、戦時中でも明るく懸命に生きる女性を描いたアニメ映画。戦況の悪化で奪われていく大切な人や幸せな日々。それでも、一生懸命やれることをやり、日常に戻っていく人間の力強さを感じました。戦争だけでなく、災害からも幾度も立ち上がってきた日本人には共感できる部分が多く、心に残る映画になると思います。★★★★

⑤パターソン
201861

バスの運転手をしながら詩作に励む主人公パターソンのありふれた日常生活を描くドラマ。昨年、だまやんさんからおすすめされていた映画をやっと鑑賞。確かに何も起こらないけど、詩的な表現がお洒落で、ゆったりした気持ちになりました。個性的な奥さんや、いい味出してるブルドッグのマーヴィン、詩を読んでくれる少女、素敵な登場人物ばかりです。★★★☆(3.8点)

■2019年

いよいよ平成が終わります。気持ちも新たにいきたいですね。来年の目標はずばり『お・や・す・み』。適度に休んでリフレッシュ。無理しません。でも、一大イベントがあるので、それに向けて頑張らないと。あとは、自分磨きですかね。ピカピカになりますよーに☆☆

来年もよろしくお願いします♪

|

« 歓喜の歌 | トップページ | ことよろ♪ »

コメント

あら、5位にパターソン。
お気づかいいただきましたかね。。。

去年、見そびれてしまいました『少女邂逅』。
機会があれば、見てみたいと思ってます。

投稿: だまやん | 2019/01/06 20:17

どーもどーも、平成最後に登場です!
その節はお世話になりました~

あ、映画ですが、ランキングじゃないんで
パターソン5位じゃないんです…
何にも起こらないのに印象に残りましたよ(笑)

最近あんまり映画観れてないなぁ( ^ω^)

投稿: シズク | 2019/04/30 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成最後の年末。:

« 歓喜の歌 | トップページ | ことよろ♪ »