« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月に作成された記事

2017/12/31

ギリギリセーフ。

■2017年
私の時間の長さではまだ10月くらいの感覚なんですけど…毎年、1年早くなるのは何!? 年のせいなの!?Σ(゚д゚;) 今年はいろいろやり残してることがあり過ぎて、やばいです。このブログも間に合わないかと思いましたし。でもやればできる子シズクちゃん。頑張りました!

2017年の目標と結果
・ちょっぴり社交的になる
→これねー目標達成できなかったんだよね…。今年中学生の同窓会があったんですけど、行かなかったんですよ。社交性を発揮するいいチャンスだったのに…。全然ダメでした。クーッ!o("へ")o
・快眠グッズを手に入れる
→これもなかなかいいのが見つからない…。ホテル並みのベットで寝るのが夢です。(物理的に無理!)
・映画を年間100本見る
→これも達成できず…。

結果、何もできなかった1年だったという、ね。自分に甘いので、まぁいいか(笑)

■コンサート、舞台、ライブ鑑賞

01/15 (日) 関ジャニ'sエイターテインメント大阪ドーム
03/08 (水) RADWIMPS「Human Bloom Tour 2017」
04/01 (土) カジャラ#2「裸の王様」
04/15 (土) 劇団☆新感線「髑髏上の七人 Season花」
04/29 (土) カジャラ#2「裸の王様」
06/04 (日) 舞台「俺節」
06/17 (土) 清 竜人25『ラスト♡コンサート』
08/06 (日) 星野源LIVE TOUR 2017「Continues」
08/13 (日) 関ジャニ'sエイターテインメイト ジャム
08/14 (日) 関ジャニ'sエイターテインメイト ジャム
08/15 (日) 関ジャニ'sエイターテインメイト ジャム
08/16 (水) REBECCA LIVE TOUR 2017
08/24 (木) SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"
09/10 (日) 関ジャニ'sエイターテインメイト ジャム
10/07 (土) 劇団☆新感線「髑髏上の七人 Season風」
10/14(土) 劇団☆新感線「髑髏上の七人 Season風」
10/22 (日) 稲川淳二『MYSTERY NIGHT TOUR 2017』
12/01 (金) KIYOSHI RYUJIN SOLO TOUR

■エイト

今年の収穫はこちら!もう棚に余裕がありません!20171231

今年は横山さんのananが衝撃的でしたね。あとはメトロック!
新しいことに挑戦し続ける姿に刺激もらって、感動もらって、
元気たくさんもらいました!!ありがとー。

■映画
100本を目標にしてましたが、97本止まり。惜しい!印象に残っている10本をご紹介。

①君の名は
Kiminona
2016年日本で最もヒットした長編アニメ。田舎で暮らす女子高生と、東京で暮らす男子高生が夢の中で入れ替わるストーリー。ただの入れ替わりの青春ドラマだけでなく、そこに時間もプラスすることにより、もっと壮大で奥行のあるストーリーになっているところがすごい。あとはRADWIMPSの音楽の使い方が絶妙で「ずるいなぁ」「上手いなぁ」と唸るような演出も見どころのひとつだと思います。すべてが緻密に計算されたようなアニメ作品。★★★★(4.3点)

②さざなみ
さざなみ [DVD]
結婚45周年記念を5日後に迎える老夫婦。夫から昔の恋人の話を聞いた妻の心の変化を描いた人間ドラマ。95分でこんなに濃厚な映画ができるのかと驚きます。妻の心の中の小さな波がやがて大きな不安や不信へと変化する過程が丁寧に描かれてます。余韻の残るラスト。彼女の表情が何とも言えません。なんかすごい映画だったなぁ。★★★☆(3.8点)

ユージュアル・サスペクツ
ユージュアル・サスペクツ [DVD]
言わずと知れた名作サスペンス。1度見た時と、再度見たい時と違う感覚が味わえるのが面白い。これは何もネタバレせずに見ていただきたい。★★★☆(3.8点)

④ザ・ギフト
ザ・ギフト[DVD]
夫の高校時代の同級生から次々と届く贈り物に、次第に不安と恐怖を募らせる夫婦を描いたサスペンス。自分の蒔いた種は自分に返ってくるということ。「最後、どっちなのー!?」と一緒に観た人とあーだこーだ言いたくなるラスト。いやぁ、嫌いじゃない。★★★☆

⑤団地
団地 [DVD]
大阪近郊にある、古ぼけた団地が舞台。藤山直美さん、岸部一徳さんが夫婦役です。団地で起こる些細な出来事をほのぼの描く人間ドラマかと思いきや、なんの映画!?と驚く想像を軽く超える物語。いやあ、なかなか面白い映画でした。予備知識なしで見た方が面白いですよ。★★★☆

⑥シング・ストリート 未来へのうた
シング・ストリート 未来へのうた [DVD]
1980年代のダブリンを舞台に、憧れの彼女の気を引くためにバンドを組んで音楽活動を始めた少年たちの青春を描いた音楽映画。久々にこんな爽やかな映画をみたなぁーと。音楽がすごくいい。大人だからこそこういう映画が響くのかな。★★★★

⑦震える舌
あの頃映画 「震える舌」 [DVD]
最恐トラウマ映画。破傷風に侵された少女とその家族を描いたドラマ。おどろおどろしいような怖いことが起こる訳でもないのに、不安と恐怖を感じる映画。子どもがいる人は耐えられないかも。緊張感が続くので、疲れている時にはオススメしません。★★★★

⑧レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]
輝く未来を夢見て、退屈な生活から抜け出そうともがく夫婦を描いた人間ドラマ。「タイタニック」の主演コンビ、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役と話題でした。ボタンの掛け違いによって、夫婦の溝がどんどんと広がっていく様子は恐怖でした。「どうしてこんなことになってしまったんだ!」なんて嘆いてももう遅いところまで行ってしまう夫婦の姿が見どころです。★★★☆

⑨サヨナラの代わりに
Sayonaranokawarini

ある日突然、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した女性と、彼女の介助人として雇われた女子大生の2人の絆を描いた人間ドラマ。病気だろうが、元気だろうがその人に寄り添ってくれる人がいれば、いろんなことが乗り越えられ、幸せなんだと改めて感じました。ラスト10分は涙涙です。★★★☆

⑩最後まで行く
最後まで行く [DVD]
悪徳刑事が次々起こる災難を切り抜けていくのが面白い、韓国映画。頭を抱えるシーンが多くて、主人公が本当にハゲないか心配になったほど(笑)ラストが爽快。★★★☆

■2018年
来年は変わりたい、変わらなきゃいけないと思っているので踏ん張る年になりそう。来年の年末には、いい年だったと言いたいなぁ。

今年1年ありがとうございました(v^ー゜)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017/12/25

今年のクリスマスプレゼント。

A列車で行こうExp. (エクスプレス) - PS4
A列車で行こうExp. (エクスプレス) - PS4

ノラネコぐんだん アイスのくに (コドモエのえほん)
ノラネコぐんだん アイスのくに (コドモエのえほん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/24

輝かしい未来への願いを込めて。

Message_syussan_2

いとこに男の子が生まれました!おめでとー!
で、その子は私にとって何て呼ぶんだ?と調べてみたところ

************************************************

いとこの子は、「いとこ甥(おい)」 または 「いとこ姪(めい)」 と
いう呼び名があります。「 従甥(じゅうせい)」 「従姪(じゅうてつ)」
とも呼ぶようです。

************************************************

と、Yahoo!知恵袋に書いてありました。んじゃ、いとこ甥(おい)で
いいのかな。すぐ忘れそう…(@Д@;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/02

僕の目にはそう映るんだ。

Ryujin_solo2

● 2016/12/01 (金)
KIYOSHI RYUJIN SOLO TOUR
めぐろパーシモンホール 大ホール 19:00開演

4年ぶりソロ公演に行ってきました。

・ステージはグランドピアノと、大きな薔薇の花束オブジェのみ。
・黒のスーツ、おかっぱ頭、髭の清竜人くん登場。
・ザ・ピアノの発表会。
・髪を耳にかける仕草が素敵。
・でも遠くから見えるその姿は"ぴんから兄弟"←ごめんなさい
・ピアノの音だけって新鮮。
・曲と曲の間が、途切れずポロンポロン飛ぶ音。
・高度なイントロドン。
・世界観がすごい。本当にすごい。
・ピアノと竜人くんの繊細な声が心地よくて舟をこぐ人がちらちら。
・なんて贅沢な子守歌だろう。幸せな空間だ。
・「ぼくが死んでしまっても」は見入ってしまった。
・泣けてきた。
・ドビュッシーを弾いて演奏終了。
・アンコールなし。
・約90分の短いステージだけど、強烈な余韻が残った。
・MCなし、拍手なし。
・すごいステージ見たんだけど、きっと人にうまく伝えられない。
・「風もバラも雪もぼくも」がラストに相応しい曲だったと帰宅して気づいた。
・そうか、あれ以外にないよな、と。
・奥が深い清竜人。
・2017年は"清竜人25"の解散、"town"の結成&解散、つかの間のTwitter、
 ソロツアーと盛りだくさんの1年でした。
変態天才が描く世界を一緒に体感できて楽しかったです!ありがとう。

続きを読む "僕の目にはそう映るんだ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »