« 大人のための児童文学。 | トップページ | 猛獣つかいはオリの中。 »

2016/02/27

いつも私ひとりだけが余る。

212_2

● 2016年02月27日(土) 
小林賢太郎演劇作品『うるう』
作・演出・出演;小林賢太郎
演奏      
徳澤青弦
本多劇場 19:00公演

今回もDVD収録はナシということらしいですけど、理由を聞きたい( ゚皿゚)キーッ!!

4年前と基本変わらずも、足したり引いたりしながらより分かりやすい内容になっていました。一番大きく変わっていたのは、最後のカウンター部分。0→1の表示なく終わり「機械の故障か!?」と思ったのですが、全部の回がそうだったようですね。正直、私アレを一番期待してたんですよね。前回0→1という数字だけで、表現できた形にものすごく感動したのに、それがなくなっていて残念。そのことについて帰り道に愛方さんに熱く語ってしまったほど。いろいろ話題になること自体も含めて計算済の賢太郎さんなのか知りませんが、なんだかもやもやした今回の「うるう」。これ4年ごとに再演するんじゃ…という楽しそうな噂も聞こえたので、正解が分かる日が来ればいいなぁと思っています。2016年うるうの年、お疲れさまでした。

|

« 大人のための児童文学。 | トップページ | 猛獣つかいはオリの中。 »

■KKP」カテゴリの記事

■小林賢太郎」カテゴリの記事

○「行ってきました!」報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91629/64073052

この記事へのトラックバック一覧です: いつも私ひとりだけが余る。:

« 大人のための児童文学。 | トップページ | 猛獣つかいはオリの中。 »