« 苦しい散歩道。 | トップページ | 興奮して眠れやしない。 »

2015/11/19

「ギャラクシー街道」観てきました。

[監] 三谷幸喜
[本] 三谷幸喜
[出] 香取慎吾 綾瀬はるか 小栗旬 優香 大竹しのぶ 西田敏行

時は西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニー(宇宙空間に作られた人工居住区)「うず潮」。 そこと地球を結ぶスペース幹線道路・ルート246666を、人は「ギャラクシー街道」と呼んだ。かつては、交通量も多く、沿道にもたくさんの飲食店が並んでいたが、開通して150年。老朽化が著しく、そろそろ廃止の噂も聞こえている。 今日も、様々な星から宇宙人たちが「ギャラクシー街道」にやって来る。みんな、それぞれに悩みを抱えた、人間味溢れる異星人だ。 街道の中央にひっそりと佇む、小さなハンバーガーショップ、サンドサンドバーガー・コスモ店を舞台に、そこで働く人々と、客たちが織りなす、宇宙人模様。登場するのは、スペース警備隊、スペースヒーロー、スペース客引き、スペース娼婦、スペースドクター、スペース役人、スペースシンガーに、スペースパートタイムのおばさん…、全員、宇宙人。 2015年秋、SF映画史上最も笑える、宇宙人だらけの三谷流スペースファンタジーの幕が上がる!!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

行った人の感想を聞くと「全然笑えない」「お金がもったいない」と酷評ばかりだったので、逆に興味が湧いてきてしまった訳で(笑) ハードルが低かった分それなりに楽しめましたが、確かにちょっと…ね。何ですかね、キレが悪いのか、テンポが悪いのか、キャラクターが薄いのか。遠藤さんはすごく体張ってて良かったですけどね。やってる人たちがすごく楽しそで、現場にいたら爆笑するんだうなぁと。お客さんとの熱量の差を感じられました。お客さん置いてけぼりみたいな。ちょっと今回は残念な映画だったかな。★★☆

|

« 苦しい散歩道。 | トップページ | 興奮して眠れやしない。 »

□映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91629/62945006

この記事へのトラックバック一覧です: 「ギャラクシー街道」観てきました。:

« 苦しい散歩道。 | トップページ | 興奮して眠れやしない。 »