« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月に作成された記事

2013/04/28

バカリズム×いとうせいこう×小林賢太郎

フジテレビ系「ボクらの時代」
2013年04月28日(日)朝7:00~7:30
賢太郎さん11年ぶりに民放のテレビ出演。それだけで見る価値があるってもん。しかもこの面子が素敵。番組は30分だけど、2時間程しゃべっていたとか。スペシャル番組作ってくださいよ、フジさん!私メイキング見るの嫌いじゃないです。裏を知るとまた表が違って見える。でも、賢太郎さんは裏を見せたくない。「ミッキーマウスでいたいんです」なるほど。賢太郎さんの舞台は夢と魔法がいっぱいってことですね( ̄ー+ ̄) それぞれの笑い作りの違いなんかも聞けて面白かったです。どーせならもっと深夜にお酒でも飲みながらガッツリ語ってほしいくらいですよ。
てか、いとうせいこうさんの中型犬の悪霊に憑かれたけど、お払いせずに飼うことにしたっていう話が一番面白かった(≧m≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/27

壁のなくなった部屋には、次々に奇妙な訪問者が訪れる。

2013/04/27 レミング ~世界の涯までつれてって~ パルコ劇場

918

ある人のレビューに「1mmもわからなかった」というのがあって同感でした。もうね、説明のしようがない。ストーリーも正直わからない。哲学的な話なのか、ただの精神異常か。いやあ、こんなにわからない舞台は初めてだ(笑)(でも寺山修司作の中ではわかりやすい作品なんだとか言う人もいて・・・いやいや、全然わからないって) 「どうだった?」と聞かれても「何かわかんないけど、すごかったよ」としか返せない。あれは体感する舞台だと思います。考えるんじゃなく、リズム、言葉、ダンスそれを素直に感じればいいんだと。人それぞれの感性に委ねられる作品だと自分なりに解釈しました。
八嶋智人さん、片桐仁さん、常盤貴子さん、松重豊さん、みなさん演じるのに苦労したと思います。台詞も難しいし。個人的には松重豊さんのインパクトある役が印象的でした。

それから、劇場に飾られているお花の中に「関ジャニ∞→八嶋さん」「丸山隆平→片桐さん」ってのを見つけました!何だか嬉しい(笑)

● レミング~世界の涯まで連れてって
【東京】PARCO劇場 2013/4/21~5/16
【愛知】中日劇場 2013/5/25
【大阪】シアターBRAVA! 2013/6/1~6/2
作:寺山修司
出演:八嶋智人 片桐仁 常盤貴子 松重豊 他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/26

上質なエンターテインメントを目指し続けます。

Next

おっと、、凱旋公演発表!チケット頑張ってゲットします!!
そして賢太郎さん40歳になったとか。おめでとうございます。年々、几帳面さというか真面目さを感じてきているので、40年の経験を活かし、これからはいい意味のフリースタイルを見てみたい気もします。高田順次さんみたいな適当さもアリだと思うんですよね。今までの賢太郎さんのイメージを変えるような、新しい賢太郎さんの作品を見てみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/19

最近ペヤングがおかしい。

Dvc00333

激辛カレーやきそば、和風焼き蕎麦、ソースやきそば
イカスミやきそば、激辛やきそば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/03

感謝!!

Dvc00350

無事合格しました!イェイ!!
勉強してないのに合格するとかホント奇跡(・・・)
"大阪天満宮"と"合格だるま"様様です。
今度、大阪に行ったときにお礼参りに行きたいと思います←あれ?言葉あってるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/02

唯の独り言。

※大興奮中です※

あーーもう!最近の章ちゃんホントかっこいいんですけどーー!!
やっぱ黒髪萌えすぎる。ほらあの子、いつも髪型がオカシなことに
なってるじゃない(←こら) だから、普通の黒髪が逆に新鮮だったり。
最近は、どの番組みても、きゅんきゅんしてます。
特に"ありえへん"のワイプに映る安田さんから目が離せない!!
前髪あげると男っぽくかっこいいし、前髪おろすとかわいいし、
2度おいしいぜこのやろー。しかもドラマ メガネとかーーもぉ何萌え死ぬわっ!!
あぁ、今の状態でウチワ作ってくれないかなぁ・・・
きっとドラマ終わったら、反動でまた異常な髪型とかしちゃうだろうなぁ(・・・)
まぁそれが章ちゃんなんだけどね!
まぁあたしもそんな章ちゃんが大好きなんだけどね!!ヾ(*´U`*)ノ 

Dvc00345

Dvc00346

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »