« いまはこう見えてチャンスを狙ってるんだよ | トップページ | 貧しくとも、君の生活を愛したまえ。 »

2006/09/21

パルコ・プロデュース公演「Love 30 ~女と男と物語~」

登場人物は男と女の二人だけ。時間も場所も限定された中で、脚本と演出と役者が
ぶつかり合う『30分一本勝負』の全く新しいドラマとして、朝日放送の名物ドラマとなった
「女と男と物語」。各回様々な作家が脚本を書き下ろし、朝日放送ディレクターから舞台
演出家まで様々な分野の才能が演出し、回想シーンは入れずに現在進行形で物語が
展開する、“舞台のようなドラマ”と評判を呼んだ人気ドラマでした。

ワンシチュエーションで30分の男女2人芝居、3話オムニバス形式、今後の活躍が期待
される若手作家の書き下ろし、異性を意識した感情の絡んだストーリー。
このシンプルで大きな柱をもとに、今回の舞台企画が立ち上がりました。

そして、その様々な表情を魅せる3本の『女と男』のドラマを、宮田慶子が連続上演という
形で演出します。宮田慶子の演出により舞台上で匂い立つ情感。それぞれの情景の中、
女と男がすれ違いながらも互いを想い合って生まれる様々な気持ち…。
3本のオムニバス・ドラマを見終わった時、何時どこでも変わらない、もどかしくもちょっと
切なく、そしてどこか微笑ましい男と女の恋愛模様が浮かび上がってきます。

3人の新進気鋭の作家が競う3本の一筋縄ではいかないラヴ・ストーリー!
『セレソンDX』主宰、演劇界の今後を担う若手実力派と注目される、サタケミキオ。
『モダンスイマーズ』主宰 若手実力派の先陣を切って活躍している、蓬莱竜太。テレビ
ドラマの脚本、演出で活躍中の今後が期待されるマルチな若手注目株、三島ゆき。

そして、男女の繊細な心の触れ合いを切り取りながらもユーモアに溢れた3本のドラマを、
コメディも達者ないずれ劣らぬ個性派達が競います。演出/宮田慶子 音楽/稲本 響
のアーティスティック&実力派のクリエイティブスタッフが、この30分に濃縮された
「女と男」のドラマの世界をどう料理するのかご期待ください!

『スパイス・イン・ザ・バスケット』
作 :三島ゆき 演出:宮田慶子
出演:水野美紀&山寺宏一

再婚相手から離婚を突きつけられた元妻が、相手に請求された慰謝料の肩代わりを
元夫のところへぬけぬけと頼んでくるが…。 PARCO劇場2006年7月公演「開放弦」で、
笑いのつぼを押さえながらも繊細な感情の襞を押さえた演技で好評を博した水野美紀。
そして普段は声優界きっての演技派として大活躍、記憶にも新しい「12人の優しい日本
人」以来の舞台出演となる山寺宏一。この二人が、離婚した男と女の、表面に現れる
顔と、その奥に隠されている微妙な感情の揺れをどう表現してくれるのでしょう…。

『結婚相談所』
作 :サタケミキオ 演出:宮田慶子
出演:真中 瞳&片桐 仁(ラーメンズ)

結婚相談所のカウンセラーの元に、中学時代憧れていた先輩が偶然訪ねて来た。
思いがけない突然の再会に、女は胸をときめかせるが…。
『ダブリンの鐘つきカビ人間』で、みんなに嫌われながらも優しい心を失わないカビ人間と
いう難しい役を演じきり、最近はすっかり芝居づいているラーメンズの片桐 仁。
対するは、「タイタスアンドロニカス」で成長著しい真中 瞳。
この二人が、中学卒業以来出会った幼馴染という設定のもと、賑やかに軽やかにでも
最後は爽やかな感情の触れ合いを魅せてくれます。

『兄への伝言』
作 :蓬莱竜太 演出:宮田慶子
出演:YOU&生瀬勝久

弟のお通夜に戻った兄と、弟の妻との再会。幼馴染同士の思い出話の中で出た、
弟からの兄への伝言。ずっと聞きたかったほんとの意味とは…。今や言わずと知れた、
TVドラマ、舞台、映画にと大活躍している生瀬勝久とYOUのふたり。
普段はにぎやかな役どころが多い二方ですが、舞台初競演となる今回は、しっとりとした
大人の世界を演じます。

[東京公演] 11月3日(金)~15日(水)
会場 PARCO劇場
[大阪公演] 11月24日(金)~27日(月)
会場 シアター・ドラマシティ
[名古屋公演] 11月29日(水)~30日(木)
会場;名古屋市民会館


初日チケットが手に入りました♪ナイスジョブ!
今回、メンバーが豪華なのでかなり期待大です。
そういえば、野間口さんも「泥棒役者」観に行かれたとか。
GBLやりたくなった、とおっしゃってましたね。
同感。GBL観たくなりました...。賢太郎さん、ご出発はいつですか?

|

« いまはこう見えてチャンスを狙ってるんだよ | トップページ | 貧しくとも、君の生活を愛したまえ。 »

■片桐仁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91629/11989394

この記事へのトラックバック一覧です: パルコ・プロデュース公演「Love 30 ~女と男と物語~」:

» 志田未来ちゃんの14才の母 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
「女王の教室」で鬼教師と闘う小学生を熱演した志田未来ちゃんが、中学2年生で出産を決意する難役に挑戦する。 11日スタートの日本テレビ系ドラマ「14才の母」(水曜午後10時)に主演。 志田 未来(しだ みらい)ちゃんは、1993年5月10日生まれ。 神奈川県出身。 血液型AB型。 身長147.5cm。 ... [続きを読む]

受信: 2006/10/10 19:11

« いまはこう見えてチャンスを狙ってるんだよ | トップページ | 貧しくとも、君の生活を愛したまえ。 »