« いよいよメジャーCDデビュー!! | トップページ | どうしようもないことが世の中あるもんだ。 »

2006/08/05

テレビドラマ -アテンションプリーズ-

Drama04_1【放送】 フジテレビ系列 
2006年4月18日~6月27日 火曜日夜9時放送
【スタッフ】
原案:上條逸雄
脚本:後藤法子、永田優子
演出:佐藤祐市(チーフ)、植田泰史、城宝秀則、北川学
【主題歌】 OH PRETTY WOMAN / 木村カエラ
【主な出演者】
美咲洋子--------上戸彩
中原翔太--------錦戸亮(NEWS、関ジャニ∞)
若村弥生--------相武紗季
弘田沙織--------上原美佐
麻生カオル-------笛木優子
三神たまき-------真矢みき
桜田信哉--------小日向文世
堤修介----------小泉孝太郎

※感想、折りたたんでます。

第1話 「大暴走サイテー新人訓練生!!」
ロックバンドを組んでいるボーイッシュなヒロインを、上戸彩ちゃんが演じてます。
片思いの彼が「俺、見てみたいけどな。洋子の制服姿。」と言った一言でキャビン
アテンダントを目指すことに…。一途なんですなぁ~。口は悪いけど、しっかり
恋する乙女になってる洋子がまた可愛い♪単純思考だけど、恋している間って
彼の何気ない一言が行動を起こすきっかけになることってよくあることだと思います。
教官役の真矢さんがハマリ役。立ち姿から、言葉遣いまで女としてレベルの違いを
感じますョ。厳しく近寄りがたい存在ですが、内面は意外にもろそうな感じがチラホラ
感じられました。そして錦戸っちのツナギ姿に小萌ぇ。
何にも喋んなくてもいいよ、君。(話進まないじゃん) この子の目が好きです。
服装も言動も一人浮いている洋子が、これから華麗なキャビンアテンダントになって
いく過程が楽しみな作品。口だけじゃないところを見せてほしいところ。

第2話 「憧れ!?の制服」
言葉遣いはなってないわ、文句ばっかりだわ、先輩の制服を盗むわ、世の中を知らな
過ぎる女の子だな…洋子ちゃん。そりゃただの子供ですよ。TPOをわきまえるくらい
社会人として当然の配慮だと思うのですよ。どれらい真剣に取り組んでいるかが問題で
あって、服装とかそういうのはどーでもいいとシズクも思うけど、洋子ちゃんの場合、
真剣さもよく伝わらないので、ただのゴネてるお子ちゃまに見えてしまう…。
度を越すとそれすら不快に感じてしまいます…。
ただ洋子ちゃんの裏表のない性格はとっても共感できるところで、顔は笑ってても
腹の中じゃ舌出している女性より、魅力的な部分だと思います。

第3話 「地獄の非常救難訓練!!」
だんだん洋子ちゃんのキャラが許せてきました(笑)
悪いヤツではないんです。ただ、常識はずれなだけで…。
たぶん世の中そう甘くはないと思いますが、若いから許せるというのはアリだと思う
今日この頃。ヤル時はヤル!そうじゃなきゃ誰からも認められない。
洋子ちゃんはヤレばできる子。打てば響くから、三神教官も彼女を見捨てないん
だろうと思います。世渡り上手な子より、ある意味不器用な子の方が目を離せ
なくなるんでしょう。でも、自分の部下だったら絶対イヤ!!(笑)

第4話 「2人だけの初フライト」
ハンガー内で紛失物があるとあんなに大変な事になるのか…と実感した回。
たかがボールペンと思っていても、それがエンジントラブルの原因になり何百人の命を
危険にさらすことになる…なるほど。ごもっともだ。安全に飛行機を飛ばすため、
整備士さん達は日々頑張っているんですね。ありがとうございます。

第5話 「CA流イイ女への道!!」
女性だらけの世界ってやっぱりいろいろあるなぁ…。ニッコリ笑ってても、
実際何を考えてるか分からないから気をつけろ!!女性は怖いです。本当(笑)
しかし真矢さん綺麗だなぁ~。あの人実際いくつなんだ!?洋子ちゃんが子供キャラ
だから余計に大人の女性という雰囲気を感じます。

第6話 「アンタなんて大嫌い!!」
友達同士、ケンカできるなんて青春している証拠です。言いたいこと言い合って、でも
結局仲直りして、ますます仲良くなって…。そういう親友って簡単にできるモンじゃない
ですよね。だからこそ大切にしなくちゃいけない、そう思います。
それにしても、会社の備品を壊したからって家に持ち帰るという発想がイタダケナイ…。
そして処分が甘いのが更にイタダケナイ…。いいのか?そんなんで。
末恐ろしいガール達だ(笑)

第7話 「最後の授業…涙の理由」
いよいよ、実際にフライトに出て乗客にサービスをしながら行う、訓練の最終段階。
しかし他のクラスから「三上クラスは美咲洋子に毒されている」と陰口をたたかれた
洋子ちゃん、珍しく落ち込みます。弱音を吐いた洋子ちゃんに三上教官が言った
一言が印象的でした。
「そんなこと気にするようになれたんですね。あの美咲さんが。
だったら何をすべきか分かるんじゃないですか?今の美咲さんなら」

陳腐な励ましの言葉でなく、このセリフに何かグッときたんですよ。こういう言葉を
サラリと言えるような上司になりたいなぁって思ったんですよ。
で、最終試験。一生懸命やったのに洋子ちゃんだけ不合格!!
さてさて後半に向けて面白くなってまいりました。

第8話 「告白…大空の初デート」
いつもと雰囲気が違う回。洋子ちゃんの元気さがナイ!!毎回ハチャメチャしてた人が
落ち込んでるとかなり痛々しいですね…。で、元気をわけてくれたのが翔太こと、
錦戸っち。亮ちゃんめちゃんこかっこいいデス。
補講も受けずにサボッてる洋子ちゃんを無理やり連行する翔太のセリフ。
「黙って付いて来い」
たぶんこの亮ちゃんにメロメロになった女性多数!!錦戸っち目が素敵でちゅ。
空に対する熱い想いに気づいた洋子ちゃん。やっとOJTに進むことを許されました。
いいね洋子ちゃんの涙。いろんな経験を通して大きく成長する彼女はとっても
魅力的な女性だと思います。

第9話 「初フライト…二人の恋」
いよいよ実際のフライトを経験しながら学ぶ訓練OJTに挑むことになった洋子ちゃん。
先輩の指導に納得いかず先輩にクレームをつけるとはすごい根性だ…普通なら
言えないよ。でも先輩の言ってることは正しいんだなコレが。
『あの先輩のココが嫌い』とか、言ってるより『あの先輩のアソコを見習おう』と見方を
変えた方が自分の力になるんですね。経験積んでる分、絶対見習うべき存在なのです。
先輩とは。それに気づいた洋子ちゃんは仕事においても人生においても成長し続けて
いけるんだろうなぁ~と思います。
いい友達に恵まれ、理解ある人に囲まれ洋子ちゃんは幸せモノです。

第10話 「翔べ!!恋の翼にのって」
ありえないストーリー展開にやや引き気味ですが(歌うかぁ!?和むかぁ!?)、洋子ちゃん、
翔太くん、カラスこと修介くんのそれぞれの1歩という視点はなかなかよかったんじゃ
ないでしょうか。小日向さんのいい味出してた演技がいいですね。普段はほんわか
している人が怒る時って説得力ありますね。
ここにきていろんな恋が生まれてきました。弥生ちゃんは翔太に告白。沙織ちゃんは
カラスが気になり、洋子ちゃんは翔太が好きなことに気づく。で、意外だったのが、
桜田キャプテンと三上教官のカップル。
ボーリングでプロポーズとは驚きでした。いよいよ最終回。どーする翔太!!

第11話 「大空へ!!旅立ちの時」
ハプニングありましたが、結局すべてがハッピーエンドにおさまりました。しずちゃんと
山ちゃんの出演は必要なのかちっとも分かりませんが(笑)
まだ洋子ちゃんと翔太の関係は微妙だけど、お互いの夢を語る時点でいいカップルって
感じです(焼肉行く男女は付き合ってる法則みたいなもん)。
つーか、向き合ってるお互いの顔が優しくて本当デキてるんじゃないか!?
完璧に成長した洋子ちゃんの姿を見せた、ラストのラストの演出がとってもGOOD。

|

« いよいよメジャーCDデビュー!! | トップページ | どうしようもないことが世の中あるもんだ。 »

□テレビ・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

アテンションプリーズは見てなかったんですけど、今になって亮ちゃんのつなぎ目当てに見とけばよかった~!とちょこっと後悔してます^^;
亮ちゃんに関しては亮ちゃんファンの子が身近にいて、私はずっと「そんなにいいかぁ?!」なんて言ってたんで今更「かっこいいよねー?!」なんて言えなくて困ってます(笑)

KAT-TUNバトン、やりました!
そっちの記事にTBさせてもらいましたんでよろしかったら見てくださいvv
あ!ちなみにそっちのブログは名前を変えてますが別に「ゆき」と呼びかけてもらってかまいませんよ♪

投稿: ゆき | 2006/08/07 16:56

亮ちゃん、めちゃよかったですよ☆
シズクも今更というか、最近カッコよく感じてきました。
あの下がってる目がloveです。(笑)
KAT-TUNバトン感謝です。
さっき見にいったらたくさんバトンしてましたねぇ~♪
シズクもやらしてもらいヤス!
いつもありがとう~

投稿: シズク | 2006/08/08 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビドラマ -アテンションプリーズ-:

« いよいよメジャーCDデビュー!! | トップページ | どうしようもないことが世の中あるもんだ。 »