« あなたはあたしのひかり。 | トップページ | あたしを可愛いと思うなら愛してちょうだい。 »

始まりは 冴えない朝の情事から。

PCを整理してたら前の日記が出てきたんでアップしました。
何とか占いとか、診断とかにはまってます。面白いのあったら教えてください。

"細木数子と六星占術"
http://book.matrix.jp/book/

この占いがすごく当てはまってて恐い。

↓結果
あなたは「火星人の陰(ー)」です

●性格→プライド高いフィーリング人間
火星人は「知恵の世界」に住み、マイペースでプライドが高く、反骨精神が旺盛です。しかし、その行動において「奇人・変人」が多く、まわりが理解されない傾向があります。火星人は、初対面の人に対して、とても”人見知り”をします。これは多分に火星人の中にあるプライドの高さや、警戒心の強さが影響しています。つまり、プライドが高いために、人に腹をさぐられたり、自分の考えていることを先回りして指摘されるのが何よりも嫌いですし、人から干渉されるのも大嫌いなのです。また”知恵の世界”に住むだけノ、ものごとを深く考えすぎたり、警戒心も強く、そのため、心の底で思っていることを、なかなか人に明かそうとはしません。本音と建前をうまく使いわけ、相手の質問をはぐらかして楽しんでいるようなところがあります。そてでいて、ひとたび心を許すと、相手を徹底的に信頼し、親密につきあるところもあるのです。それに火星人はマイペース人間ですから、人見知りをするのも親密につきあうのも、火星人にとってはごく自然な振舞いなのですが、でも第三者には、そのことはなかなか理解されません。そのため、人から誤解を受けることもしばしばです。

●恋愛・セックス→精力絶倫
火星人陰(-)の人は、強烈なスタミナを発揮します。男性の場合、文字どおり、”精力絶倫”といってもよく、一人の女性のセックスだけではとても満足できません。結婚しても、かならずといってよいほど外で女性をつくり、それも気位の高い女性を求めるため、問題が公然化し、大ヤケドをすることが多いのです。それもこれも、ノーマルなセックスだけでは満足できないタイプだからです。しかも、生来セックス好きな陰(-)の火星人は、それにも懲りず、失敗しても「のどもとすぎれば…」のことわざどおり、しばらくたつとまた浮気の虫が動き出します。これはもう一種の”クセ”といってもよいでしょう。

●結婚・家庭→陰(-)は…
結婚運そのものにあまりめぐまれません。恋愛しても、それが結婚に結びつかなかったり、ないかの障害によって挫折したりするのです。よしんば、結婚しても、すぐ離婚したり、子供に恵まれないなど、いわゆる一般的な幸せな家庭生活とはいささか縁が薄いようです。

●才能・進路・適正→自分の世界を生かし、芸術家か水商売
音楽家、漫画家、小説家などにはたいへん向いています。また、バーや喫茶店、スナックなどの経営もいいでしょう。あたなのどこかにエキセントリックな人柄が、特定の”常連”をつくり、安定した経営ができるはずです。また、骨董商、書店経営、雑誌の編集者なども適しています。さらに、流行を追うファッション関連産業などにも就いても、独特な異彩を放つ可能性大です。サラリーマンやOLになる場合でも、あえて浮沈の激しい産業、フィーリングが大事にされる部門を希望すると、あなたのユニークさはきっと目立つことでしょう。

---------------------------------------------------------
芸術家かぁ。なりてぇ。
ついでに(ついでってアンタ)例の彼との相性も占ってみました。

↓結果
男性「金星人の陰(ー)」と女性「火星人の陰(ー)」の相性は80%です

結婚にこだわらなければいい関係を築けます。金星人と火星人は、なるべくなら結婚は避けたい組合せです。というのも、金星人は結婚にあまり価値を見出しません。ところが、火星人は、”暖かい家庭”を最高の理想と考えていますから、生活をともにするうちにおたがいズレが生じてきてしまうので。とはいっても、友人、恋人としては息がピッタリ合いますから、結婚という枠にとらわれなければ、いつまでも素敵な関係でいられるはずです。また、意外なカップルが誕生しやすいのがこの組合せです。金星人が玉の輿に乗る可能性が高いのも、火星人が相手のときです。 

---------------------------------------------------------
結婚はしてるんで除外ですが、相性がいいことは嬉しい。
そういうことだけは信じるタイプです、あたし。
こういうくだらないことにトキメイているのは乙女の証拠(と言っておこう)。
決してオタッキーではない(笑) いい年してこんな占いするなよなぁ…
反省。

|

« あなたはあたしのひかり。 | トップページ | あたしを可愛いと思うなら愛してちょうだい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 始まりは 冴えない朝の情事から。:

« あなたはあたしのひかり。 | トップページ | あたしを可愛いと思うなら愛してちょうだい。 »